ホーム

頭皮の角栓にもクレンジング|肌トラブルになりにくい育毛対策

頭皮の角栓が気になるので、クレンジング
ただ、頭皮が弱い人の場合には、気をつけてください。
クレンジングは、強力なので肌トラブルになることもあります。


肌トラブルになりにくい脂分を除去する育毛剤も今では存在します。


肌トラブルになってしまっては、元も子もありませんよね。
そこから、抜け毛が進行して薄毛ってことにもなりかねませんから。


ただ、それでも頭皮のしつこい角栓をどうしても取りたい!ですよね。
ここでは、私が行ういくつかの工夫についてお話します。

◆肌トラブルに負けない自宅でできる、頭皮の角栓クレンジング

毛穴に詰まってしまった角栓は、なかなか除去しきれないと言われます。


毛穴を拡大してみてみると、肌に穴がポツポツと開いているのがわかります。
もちろん、そこから毛髪が出てきていますが
そこを栓するような形で、ある角栓


もちろん、育毛剤が浸透するのは毛穴から
こんなに詰まっていては、育毛剤が浸透しにくい状況です。


まず、角栓を除去するポイントを3つ


①毛穴を広げて角栓が出て来やすい環境にすること
これは、色々と方法がありますが、頭皮を温めることが大切です。
温めることで新陳代謝も活発となり毛穴も開いてきます。

例えば、レンジで暖めたタオルをターバンのように頭に巻いてしばらく放置したり
洗髪前に、湯船に頭皮に汗をかく程度つかっていたり


②固まった角栓を柔らかくする
角栓は、元は脂です。
脂は、水には溶けませんが、同じ脂になら溶ける性質があります。
ホホバオイルなど肌につけても問題のない油を使って頭皮マッサージを行います。


難しいことは考えず
爪を立てないように、全体的に指の腹を使って
頭皮を揉みほぐすイメージで


油を使うことで、柔らかくなった角栓が
頭皮マッサージにより、更に柔らかくなり除去しやすい環境になります。


③毛穴が広がり、角栓が柔らかくなった所で洗髪
毛穴が広がって、角栓が柔らかくなっているので
しっかりと、頭皮を揉みほぐす感じでいつもどおり洗髪することで
いつもよりも、すっきりと角栓が落とせます。



オイルが、肌に合わないという人もいらっしゃるので
そういった場合には、オイル無しでチャレンジしてください。
育毛剤の浸透が良くなり、効果が出やすい環境になります。


⇒ 角栓があってもへっちゃらな育毛剤

頭皮の毛穴の角栓を除去するには|育毛剤の浸透しやすい頭皮環境

頭皮の毛穴に詰まる角栓様物質は
洗浄力の強いシャンプーでも除去しにくいと言われています。
実は、育毛剤の効果が無いと思っている人の原因としても
この頭皮の毛穴の角栓が、あげられます。


この角栓は、育毛を目指す我々にとって脅威となります。
育毛剤は、頭皮の毛穴から浸透するのですが
その毛穴を塞いでしまっているので、せっかく効果のある育毛剤を使ったとしても
育毛成分が、頭皮の毛穴の奥まで届きません。


⇒ 角栓も除去して浸透する育毛剤

◆頭皮の毛穴を洗髪時にスッキリさせる3ステップ

角栓は、皮脂が酸化して固まったものです。
つまり、脂


服についてしまった油汚れや
食事の時の食器についた油汚れなど
油って本当に落としにくいものです。


しかも、酸化して固まってしまい
簡単にいえば、くぼみに詰まっているのでなおさらです。


①くぼみ、つまり毛穴を大きく開いた状態に

角栓を除去するには、毛穴を開けると除去しやすくなります。
暖かくすると毛穴は自然と開いてくるので
洗髪前に頭皮に汗をかく程度、湯船につかっておくと開いてきます。


②油には、油で

油は、水やお湯では落としにくいですが
油を使うことで浮かせることができます。


毛穴を開いた状態でホホバオイルや椿油など
油を使って頭皮マッサージをすることで
頭皮の毛穴に詰まった角栓も溶け出してきます。


③シャンプーで洗い流す。

毛穴を開いて、オイルで角栓を浮かせて
最後にシャンプー剤で頭皮をキレイにします。


トリートメントやリンスも使ってもいいですが
なるべく頭皮に付かないように注意しながら使用して下さい。
そして、しっかりと洗い流すようにしましょう。


⇒ 育毛剤自体に脂分を除去する力のあるもの

Return to page top