ホーム

頭皮の老廃物を除去|育毛剤の浸透する環境づくり

頭皮の老廃物を除去しないと
育毛剤が浸透しにくい頭皮になってしまいます。


このような事を聞いたことがあるかもしれません。
頭皮の老廃物とは
皮膚が老化して、剥がれてくる頭皮の垢のことで『フケ』と呼ばれることもあります。


フケの中には、脂性フケ・乾性フケと分かれるのですが
どちらにしても、育毛を考えている場合の育毛剤の浸透を邪魔する存在です。


フケが多いから、洗浄力の強いシャンプーを使う
洗髪の回数を、一日複数回
爪を立てて、ボリボリ洗髪など、このようになりがちです。


しかし、このような対策の場合には、逆効果になる場合も多く
今現在、上記のような対策をされているのなら
中止することをオススメします。


頭皮には、ある程度の皮脂が必要です。
皮脂があるから瑞々しく、艶のある皮膚になるのですが
上記にように、とことん皮脂を除去することに専念してしまうと
皮脂の過剰分泌を起こしてしまう場合があります。


なるべく頭皮に優しく洗髪するように心がけて下さい。


ただし、老廃物の存在は、育毛剤には良くありません。
老廃物があることで、育毛剤が浸透しにくくなるからです。


現在、育毛剤を使用している場合には見て欲しいのですが
多くの育毛剤の場合には、洗髪後にドライヤーなどで乾燥させてから育毛剤の使用
このように書かれている場合が、多いのには理由があります。


どうして、洗髪後がいいのかについてですが
・皮脂や老廃物が、少なくなっている
・暖かくなった頭皮は、毛穴が開いている
これらの理由により、洗髪後が推奨されています。


育毛剤が浸透しやすい環境について考えて使用することで
毛根部にまで成分が浸透する割合が多くなるため
効果も高くなります。

ビタミンB2・B6を含む食品|毛根にぐいぐい浸みる育毛剤

脂性の人は、ビタミンB2とB6の含まれた食品を多目に摂取しましょう。


ビタミンB2の役割と食品
役割:タンパク質や脂質・炭水化物を代謝します。
食品:牛乳・卵・納豆・うなぎ・レバー・のり・お茶・アーモンド・鯖・サンマ・イワシ・モロヘイヤ等


ビタミンB6の役割と食品
役割:タンパク質の分解や代謝をします。
食品:牛もも肉・レバー・鶏ムネ肉・鮭・鯖・マグロ・イワシ・玄米・そば・豆類・ブロッコリー・ほうれん草
   バナナ・アボカド・パパイア・キウイ・パイナップル・いちじく等


このビタミンB2・B6が脂性の頭皮に良い理由は
皮脂の分泌を抑えて、皮膚の新陳代謝を促すため
積極的に摂取しておくことがオススメです。


頭皮の皮脂の分泌量が減ることで
脂性頭皮も、少なから良くなると思います。
育毛剤を浸透させるには、毛穴を開いておくことが重要です。


閉じてしまった毛穴の場合には、育毛剤が浸透しにくくなるため
開いた毛穴の時に使うよりも、効果が落ちてしまいます。


洗髪方法や、脂を除去するシャンプー
オイルマッサージや頭皮クレンジングなど
頭皮の皮脂を除去する方法の殆どは、外からの工夫ばかり


生活習慣 特に食生活を変更することも、とても重要なことなので
積極的に、ビタミンB2・B6を摂取するように心がけましょう。


脂性が少しマシになってきたかも
このように思えるようになれば『亜鉛』の摂取もいいかもしれません。


亜鉛は、酵素を働かせるための栄養素で
毛髪の主成分はケラチンと言われるタンパク質ですが
このケラチンの合成も亜鉛なしではうまくいきません。


毛髪が、柔らかく細くなっている場合には
特にこの亜鉛を摂取するようにしてみてくださいね。

Return to page top