ホーム

頭皮クレンジングで育毛対策|極小分子が詰まった育毛剤

毛穴に詰まった脂や老廃物が、育毛対策の妨げになるので
頭皮用シャンプーや育毛シャンプーを使用する人が多くなっています。


しかし、あなたはいかがですか?
頭皮用シャンプーや育毛シャンプーといった
一般的に洗浄力の強いシャンプーを使用したことで
毛穴の皮脂づまりや頭皮の脂がスッキリとしましたか?


このような質問をするとNOと答える人が多いようです。
人の頭皮は、ふつうの肌の皮膚に比べて
皮脂の分泌や発汗が多くなりやすい部位です。


そして、脂は酸素と触れることで酸化して
固くて臭いを発する過酸化脂質へと変化します。
こうなってしまっては、シャンプー剤では、なかなか除去出来ません。

◆洗浄力の強い頭皮用のクレンジング剤と育毛対策

シャンプー剤でも落としにくい、しつこい皮脂は
頭皮用のクレンジング剤を使うことで落としやすくなります。


ただし、クレンジング剤は洗浄力が非常に強いため
週に2回程度にしておきましょう。
炎症の原因になりかねません。


育毛対策では、育毛成分の通り道である
毛穴をキレイに保つことで
育毛剤の力を最大限に発揮します。


育毛剤を選ぶポイントは、成分が小さいこと
小さい成分だと、毛穴を通過しやすく
毛根にまで育毛剤が浸透しやすくなります。


さらに、皮脂や老廃物を除去する物もあるようです。

毛根の白い皮脂|ぐいぐいしみ込む育毛成分

時々見かける抜け毛に付着している毛根の白い塊
毛根が抜けてしまった・・・なんて心配する人もいますが
この白い塊には、2つの可能性があります。


たとえ皮脂でも浸透しやすい育毛剤


一つは、毛根鞘
字が難しいので読みにくいですが、読み方は『もうこんしょう』です。


この毛根鞘は、毛根と髪の毛の接着剤のような組織で
通常の髪の毛が抜けないのは、この組織のお陰
ですから、毛根に付着した組織が毛根鞘である場合には
何も気にする必要がありません。


気にしなければならないのは、この白い物質が皮脂だった場合
毛根に白い皮脂が付着しているということは
毛穴に皮脂が詰まっている証拠となります。


もちろん、育毛剤は毛穴から浸透します。
皮脂が頭皮の毛穴に詰まっている場合には、浸透しにくく
キレイな毛穴をキープしている状態だと、浸透しやすくなります。


育毛剤は、洗髪後にとよく言われますが
これは、頭皮の皮脂が洗髪することによって
毛穴がキレイな状態になるからです。

◆毛根鞘?皮脂?

それでは、あなたの抜け毛に付いている白い塊は何?

毛根鞘なら心配することはないですが
皮脂の場合には、育毛剤の浸透が悪くなるだけでなく
毛穴づまりが起こることで炎症を起こす可能性もあります。


簡単な見分け方は
自然に抜けた髪の毛の毛根部に注目して下さい。


毛根鞘は、自分で意図的に抜いた場合には一緒に抜ける場合が多いのですが
自然に抜けた毛髪には、付きにくいものです。


皮脂の可能性が高い場合には
毛穴につまった皮脂対策をして
育毛剤を使用することで、効果が高まります。


育毛剤の中には、酵素を使うことで
皮脂の除去を同時に行うものもあります。
そういった育毛剤を選ぶことも対策になると思います。

⇒ 皮脂を除去する育毛剤

Return to page top